お気に入りに追加

お気に入りに追加

頭痛の原因

はじめての方へ

施術について

頭痛ブログ

発毛・育毛ブログ

M’s LAB 得寿堂について

施術を受けた方のお喜びの声

▼営業時間
火~金13:00~22:00(最終受付21:00)
土、日10:00~20:00(最終受付19:00)
▼定休日
月・祝日
▼所在地
〒151-0051
東京都渋谷区千駄ヶ谷1丁目11-14
ビジデンス千駄ヶ谷503
▼アクセス
JR千駄ヶ谷駅、大江戸線国立競技場駅から徒歩5分
電話番号【完全予約制】:090-5087-8626
▼責任者
三好 惟久

頭痛が起きる原因

何故、頭痛になるのか?慢性頭痛の根本原因は、「硬膜の緊張」と「仙腸関節の靭帯のゆるみ」
<

頭痛の原因に関して一般的には脳内の血管の急激な拡張により三叉神経が興奮する事により脳血管周りの神経が炎症を起こし痛みとなって現れるという
三叉神経血管説がよく語られますが、私自身の頭痛の体験上、毎日にように頭に感じる痛みや違和感、片頭痛、頭が締め付けられるなどの緊張性頭痛などの慢性の頭痛は三叉神経血管タイプと違う種類の頭痛だと感じます。
ここでは得寿堂が考える整体の立場からみた一次性頭痛(片頭痛や筋緊張性頭痛)の原因について紹介します。

「硬膜緊張」タイプ

得寿堂では慢性的な1次性の頭痛、頭重、頭部の違和感、片頭痛の根本原因は『硬膜の緊張』にあると考えてます。

硬膜とは脳と脊髄を覆っている膜組織です。頭蓋内部の大切な中枢神経の脳をまるで内張カーテンのように覆いながら包み、頭から出て首で第一頸椎にしっかり
付着し,脊髄を覆いながらお尻にある仙骨まできてその後は神経を包む神経鞘となり座骨神経も牽引してアキレス腱まで影響すると言われています。

人間の頭はまるでパズルのように23個の骨が組み合わさっており、ひとつひとつの骨が微妙に動いています。

それに伴って仙骨も動き、そのポンプ作用で脳で生産された脳脊髄液が硬膜の内側のクモ膜内の中枢神経を満たしつつ、硬膜袖から全身の神経に沿って流れることにより全身の神経に栄養を送って、私たちの健康が保たれる重要な一因になっています。

「硬膜緊張」タイプ

その重要な動きを司っている硬膜が何故、緊張するのでしょうか?

それは単純に先程の頭の23個の骨、とお尻にある仙骨部のどれかに外からのストレスや衝撃が加わり動きが狂ったり小さくなったりすることでその付着している硬膜に影響し緊張するのではないかと考えられます。

昔、階段から落ちて頭を打った、スポーツをしてて相手と接触して頭を打った。子供の頃、喧嘩をして殴られた。交通事故にあった。風呂場で転んで強く尻餅をついた。etc…

「硬膜緊張」タイプ

こんな場合病院で検査をするのは骨そのものが折れてないかとかヒビなどがないかという事だけです。骨の動きは見ていません。

得寿堂では硬膜の緊張をとるためにクレニオセイクラルセラピー(頭蓋仙骨療法)を使いこの23個の頭蓋骨と仙骨部の動きに着目して正常な可動性をとりもどすように施術をしていきます。

また硬膜の緊張の原因として考えられる内臓の緊張がある場合、その緊張を摂るため手技やエッセンシャルオイルを使ってアプローチする事もあります。

「仙腸関節の靭帯のゆるみ」タイプ

もう一つ、頭を締め付けられるような筋緊張性頭痛についてですが、骨盤の「仙腸間節の靭帯のゆるみ」が原因と考えます。

仙腸関節の靭帯がゆるむとグラグラと安定しない状態になります(よく整体で言われる左右の足の長さが違って骨盤がずれているという状態とは違います)身体はグラグラしている骨盤を靭帯の代わりに筋肉で支えようと補正作用を起こして背中の筋肉(広背筋、脊柱起立筋,僧帽筋)が緊張します。

「仙腸関節の靭帯のゆるみ」タイプ

背中の筋肉は首から頭の筋肉(胸鎖乳突筋や側頭筋)とつながってるのでこれらの筋肉も連動して緊張し引っ張るので頭を締め付けるのです。これが筋緊張性頭痛のメカニズムです。

だからといって筋肉をもんだりのばしたりしても一時的に楽になっても根本解決にはなりません。根本原因は「仙腸関節の靭帯のゆるみ」だからです。

またこの場合、顎が緊張してる方が多いのが特徴です。ひどい場合は顎関節症になられてる方も少なくないと思います。頭痛だけでなく肩こりや背中こりもともなっている場合が多いです。

では何故、「仙腸関節の靭帯がゆるむ」のでしょうか?
原因は2つ考えられます。

原因1 疲労
人間は疲労すると老廃物を除去する為に血液中のカルシュウムイオンが大量に消費されます。足りなくなると筋肉や靭帯,骨からも動員して補充します。だから靭帯が弱くなって緩んでしまうのです。
つまり疲労が原因で慢性的に仙腸関節の靭帯が緩んだ状態になってる人は多いと思われます。
原因2 関節の問題
仙腸関節は人間のあらゆる感覚固有受容器、つまりセンサーの役目があると言われています。特に顎や手や足のどこかの関節に問題があるとその異常をキャッチして仙腸関節が緩むのです。例えば肘関節の異常→仙腸関節が緩む→補正作用による背中から頭部の筋肉の緊張→頭痛というパターンも考えられるのです。つまり頭痛を改善するには頭部だけでなく全身の関節をチェックしなければならない事もあります。

得寿堂では頭痛のタイプを「硬膜の緊張」タイプと「仙腸関節のゆるみ」タイプ、両方のミックスタイプの3タイプに分けて考えて施術をしていきます。

両方のミックスタイプの3タイプに分けて考えて施術をしていきます。

お問い合わせ・ご予約方法  お電話をお掛け頂きましたら「お電話ありがとうございます。得寿堂です」と応対致しますので、「はじめてなのですが予約をお願いします」とお答えください。

PAGE TOP